『政策』実現できた! 例えばこんなこと



 皆様に支えていただきながら、「人づくりなくして、国づくりなし」をモットーに、元気に4期目の活動をさせていただいております。
 その中で、いただいたご意見・ご要望を実現すべく、議会において全力で努力しています。
 また、時には皆様と一緒に活動や運動をして実現できたこともあります。
 その中で、実現できたことの主なことをご報告します!




■回復期リハビリテーション病院の誘致
■木のぼりができる「子どもの森」
23区初、木のぼりができる「子どもの森」を実現しました!


■豊玉小学校内学童クラブ
豊玉小学校内学童クラブ昭和40年代から居座っていた教職員組合事務所を退去させ、学童クラブの設置を実現!
この件は、地域の皆様と署名活動もしましたし、本当にやりがいがありました。


■練馬区から中野区の防災公園への橋の設置
災害時は、練馬区から25,000人がこの公園への避難が予想されるが、練馬区と公園の間には、川があり避難することが困難でした。区民の安心・安全の観点から強く橋の必要性を主張


■乳がん検診の充実とピンクリボンキャンペーンの推進
 
乳がん検診の区の助成制度の強化を訴え、私の提案後庁舎内においてピンクリボンキャンペーンがスタートしました。


■子宮頸がん予防ワクチンの無料化(中3)実現

先ずは、中学3年生の無料化が実現しましたが、私は18歳とか20歳までと年齢制限を決めた上で、一部助成すべきと提案しています。


■特定不妊治療への区独自の助成制度の確立
 
これは国の助成に練馬区も上乗せの形で助成をするべきだ!と、私が提案し、本当にすぐに志村区長が実現してくれました。その当時は、23区で初めてでした。今後はさらなる充実にむけ、融資あっせん制度も確立したいと思います


■児童虐待防止マニュアルの発行

今は、行政が発行することが当たり前になったマニュアルですが、私が新人の頃は、まだ進んでおらずに、私が最初に発言しました。


■安心・安全パトロールカー

これは、自民党で提案し、実現。台数も当初の4台から7台に増車

■アニメキャラクターをデザインした電気自動車を導入(写真)

アニメのまち練馬!を意識して、松本零士さんの協力のもと「銀河鉄道999」のデザインを施した電気自動車を導入!環境学習や練馬区のイベントに役立てています。これも自民党として提案


■美術館に民間からの館長を登用!
苦節10年!言い続けたところ、3年という契約で、元サントリー美術館の副館長をされていた若林覺氏が練馬区立美術館館長に就任


■狂言師 野村万作氏(人間国宝、名誉区民)が、
 練馬文化センター名誉館長に就任!

練馬区にお住まいで名誉区民になっていただいたのだから、ぜひとも練馬区の文化・芸術振興にお力お貸しいただいたらどうか!?と提案したところ、お受けいただけたそうです。今後は、子どもたちや区民の方に向けて「出前講座」やワークショップを展開いただけるそうです。

■アニメのラッピング電車を提案・実現しました!(写真)

「子どもの森」実現に向け
志村前区長へ要望書提出


「江古田の森」への橋

2010ピンクリボン
ピンクリボンキャンペーン

安心・安全パトロールカー
安心・安全パトロールカー

電気自動車

野村万作


アニメのラッピング電車